自民党の伊吹文明元衆院議長は27日の二階派会合で、佐藤勉総務会長が訴えた国会議員に対する新型コロナウイルスワクチンの先行接種に理解を示した。コロナ対応に当たる国会議員や自治体首長に関し「発症すれば国民全体の対策が大変なことになる。特別扱いではない。佐藤氏の言うことは正論だ」と述べた。

 与党議員の深夜の銀座クラブ通いを踏まえ「銀座に行くために注射したのかと言われては正論は通らない」とも指摘し、行動を慎むよう求めた。

 ワクチンの大規模接種センターを巡り、一部の報道機関が取材目的で架空情報を使って予約したことについては「一種の偽計業務妨害だ」と批判した。