兵庫県姫路市で昨年7月、知人女性を包丁で刺すなどして殺害したとして、殺人罪に問われた住所不定、無職吉直優一被告(37)の裁判員裁判で神戸地裁姫路支部は27日、懲役20年の求刑を上回る懲役22年の判決を言い渡した。

 畑山靖裁判長は判決理由で「別れ話から口論となり、被害者の発言にかっとなって突発的に殺害した」と指摘。「動機は身勝手で、強固な殺意に基づく残忍かつ危険な犯行だ」と述べた。

 判決によると、昨年7月12日午後、姫路市の県営住宅で住人の女性会社員=当時(24)=の首を両手や延長コードで絞め、腹を包丁で多数回突き刺して殺害した。