新型コロナウイルスワクチン優先接種の対象に、航空各社の国際線乗務員も追加される見通しとなった。赤羽一嘉国土交通相が27日、首相官邸を訪問し、菅義偉首相に追加の必要性などを説明。「それは大事だ」と了承を得た。

 赤羽氏は操縦士や客室乗務員を対象に加えることを想定している。水際対策の強化が狙い。海外からのワクチン輸送を担っているという事情や、航空業界から早期の接種を求める声が上がっていることも考慮した。

 赤羽氏は首相に対し、経営の苦しい民宿やゲストハウス、小規模な宿泊・観光業者を対象とした新たな支援策を検討していることも報告した。