月が地球の影にすっぽりと入る皆既月食が26日夜、3年ぶりに日本で観測された。月が地球に近づいて大きく見える「スーパームーン」という状態と重なり、晴れた場所では午後8時9分から約20分間、珍しい天体ショーとなった。

 皆既月食は、太陽からわずかに届く光に照らされ、月が真っ暗ではなく赤黒い「赤銅色」になるのが特徴。青森県八戸市では、港の上に浮かぶ様子が見られた。各地でマスク姿の人たちが夜空を見上げたが、曇りや雨で観測できない地域も多かった。

 国立天文台によると、月食の始まりは午後6時44分で、一部地域では既に欠けた状態で月が昇った。