阪神が逃げ切った。三回に近本の適時二塁打と中野の犠飛で2点を先制し、五回は中野の適時二塁打で加点した。秋山は無四球と持ち前の制球力を発揮して8回1失点で4勝目。ロッテは岩下が踏ん張れず、終盤の反撃も実らなかった。