北海道紋別市沖のオホーツク海で紋別漁協所属の毛ガニ漁船、第8北幸丸(9・7トン)とロシア船AMUR(アムール、662トン)が衝突、第8北幸丸が転覆し乗組員3人が死亡した事故で、アムールが操業中だった第8北幸丸の船腹に衝突したとみられることが26日、紋別海上保安部への取材で分かった。

 船体は海保にえい航され、紋別港に到着。事故後、紋別港へ入ったアムール乗組員と双方から事情を聴くなどして、業務上過失致死傷や業務上過失往来妨害容疑を視野に詳しい経緯を調べる。運輸安全委員会函館事務所は船舶事故調査官1人を27日朝に派遣する。