日本医師会の中川俊男会長は26日の記者会見で、政府が東京、大阪など9都道府県に出された新型コロナウイルスの緊急事態宣言延長を検討していることについて、医療提供体制の逼迫を理由に「延長には同意する」と述べた。

 中川氏は、今月14日に政府の当初方針を覆す形で北海道など3道県を宣言の対象に追加することが決まったことを念頭に、解除の判断は「専門家の意見を聞いて対応してほしい」とした。

 一方で「(解除の目安など)目標が示されず、決定打もないまま延長されようとしている。具体策を示してほしい」と注文を付けた。