東京五輪の聖火リレーは26日、京都府での2日目を終えた。初日と同じく、新型コロナウイルスの影響で公道での走行は中止。府立京都スタジアム(サンガスタジアムbyKYOCERA、京都府亀岡市)の中で行われ、1964年の東京五輪でも走った奥村忠司さん(77)が2度目のランナーを務めた。

 場内に設けられたコースは1周約200メートルで、1人当たりの距離は約50メートル。会場は2万人超を収容可能だが、ランナーの家族らを除き無観客で行ったため、広い場内に声援を送る人数は限られた。聖火はこの後、30府県目の滋賀県に移る。