神奈川県藤沢市は26日、今夏の海水浴場開設を決め、新型コロナウイルス感染対策を盛り込んだ運営指針の骨子をまとめた。隣接する茅ケ崎市も「サザンビーチちがさき海水浴場」を開く方向で調整している。一方、鎌倉市は開設見送りを表明。昨年は県の感染防止対策ガイドラインの影響もあり、3市を含む湘南地区で海水浴場は開設されなかった。

 江の島を臨む藤沢市内の「片瀬西浜・鵠沼海水浴場」など3カ所は、7月に海開きする。

 藤沢市の骨子では、砂浜など海の家以外での飲酒禁止や、大声での会話を防ぐための音響機器の音量制限を設けることを新型コロナ対策とした。