相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月に入所者ら45人が殺傷された事件で、神奈川県は26日、追悼式を7月20日に園内の体育館で開くと発表した。事件から5年となる今年、園内での開催は初めて。新型コロナウイルス対策のため、参加者は遺族や家族会の関係者ら約50人とする。

 また、現場跡地で建て替え工事が進む新施設の開所式を、7月4日に開くことも発表。入居は8月1日から始まる予定。

 追悼式は例年7月に相模原市のホールで、遺族や職員ら約600~700人が参加してきたが、昨年は新型コロナの影響で中止した。