熊本市の自宅で元町議中村尊徳さん(74)の他殺体が見つかった事件で、遺体が発見された寝室から中村さんの財布が見つかったことが26日、捜査関係者への取材で分かった。中身は小銭とカード類だけで紙幣はなかったといい、熊本南署捜査本部は紙幣が抜き取られたかどうか慎重に調べている。

 捜査関係者によると、中村さんは寝間着姿で、寝室の床に倒れていた。両手足をひもで縛られ、首には圧迫されたような痕があった。携帯電話も寝室で見つかっており、捜査本部は発着信履歴を解析する。

 また中村さんの口と鼻が粘着テープでふさがれていたことも関係者への取材で判明している。