ラグビー日本代表は26日、大分県別府市で合宿に入り、27日からグラウンドでの本格的な練習を始める。代表活動は史上初の8強入りを果たした2019年ワールドカップ(W杯)日本大会以来となる。23日にトップリーグが閉幕。英国系4協会の選抜チーム、全英代表ライオンズ戦(6月26日・英エディンバラ)へ向けてスタートを切った。

 フランカーのリーチ主将(東芝)らW杯メンバー19人を含む36人が代表に選ばれた。別府合宿は6月8日まで実施し、12日にはサンウルブズとの強化試合(静岡スタジアム)に臨む。欧州遠征からはバックス松島とナンバー8姫野が合流する。