日本チェーンストア協会が26日発表した4月の全国スーパー売上高は、既存店ベースで前年同月比6・0%増となり、2カ月連続で前年実績を上回った。

 衣料品が昨年4月に外出自粛で落ち込んだ反動で約7割伸び、全体を押し上げた。全店ベースの売上高は1兆815億円だった。