日本オリンピック委員会(JOC)は26日、東京五輪に参加する日本選手団への新型コロナウイルスワクチン接種を6月1日に本格的に開始すると発表した。一部の選手は海外遠征の予定などを考慮し、5月末から先行して接種する。対象は選手約600人に監督、コーチら関係者を含めた約1600人の見込み。競技団体ごとの具体的なスケジュールは公表しない。

 ワクチンは米製薬大手ファイザーから各国・地域の選手団へ無償提供され、原則3週間の間隔で2回の接種が推奨されている。7月23日の開幕前に、基本的には全対象者が2回完了できる見通しだという。