【ロンドン共同】ロイター通信は25日、ENEOSホールディングス(HD)傘下のJX石油開発が、英国北東沖の北海にある油田や天然ガス事業の資産譲渡を検討していると報じた。複数の銀行筋の話としている。売却額は15億ドル(約1600億円)に上る可能性があるという。

 北海での開発プロジェクトは、英BPやフランスの石油・ガス大手トタルなどと進める。3億バレルの埋蔵量があり、英国のガス需要の5%を満たす生産能力のあるカリーンガス田などが含まれるという。

 北海油田は関連法が整い、他の産油国と比べて事業リスクが低い地域として知られる。