26日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=108円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比05銭円安ドル高の1ドル=108円76~77銭。ユーロは05銭円高ユーロ安の1ユーロ=133円18~22銭。

 新型コロナウイルスのワクチン普及の遅れから、日本の経済活動再開の遅れが意識され、円を売ってドルを買う動きがやや優勢となった。

 市場では「きょうは円相場に影響を与える材料が少なく、小幅な値動きが続きそうだ」(外為ブローカー)との声があった。