【ワシントン、モスクワ共同】米ホワイトハウスは25日、バイデン大統領とロシアのプーチン大統領が6月16日にジュネーブで会談すると発表した。バイデン氏の就任後初めての外遊となる訪欧の最後の日程になる予定で、両首脳による初の対面での会談となる。

 ロシア大統領府によると、両首脳は2国間関係と戦略的安定、新型コロナウイルス対策、地域紛争などについて協議する。米側は、2月に両国が新戦略兵器削減条約の延長にこぎ着けたことを土台に、軍縮協力などを協議したい考えだ。

 CNNテレビは25日、15~16日に開催の見通しと報じたが、ホワイトハウスは直後に16日開催を発表した。