【台北共同】台湾プロ野球を統括する中華職棒大連盟(CPBL)は25日、東京五輪最終予選(メキシコ)へのCPBL選手の派遣を断念したと発表した。世界で新型コロナウイルスの感染が広がる中、選手の健康と安全を守るためとした。関係者によると、アマチュア選手を中心に代表チームを編成して予選に参加することが検討されている。

 野球は台湾で最も人気があるスポーツで、CPBLの蔡其昌会長は「非常に苦しい決定だ」とコメントした。

 最終予選では五輪の最後の1枠を争う。本来は6月に台湾で開催予定だったが、台湾での感染拡大を受け、開催地がメキシコに変更された。