自民党の佐藤勉総務会長は25日の記者会見で、国会議員に対する新型コロナウイルスワクチンの先行接種が必要だと訴えた。「大事な議論をしている国会議員が打っていないのは危機管理上、問題だ」と述べた。

 議員の特別扱いに批判が出る可能性に対しては「世論が怖くて接種できないのは非常におかしい。私は高齢者だが、それ以外の議員がたくさんいる」と強調した。

 同時に、本会議場に議員が集まることなどを念頭に「クラスター(感染者集団)が発生しないのが不思議な状況だ。国会がストップすれば何が起こるかを考えるべきだ」と指摘した。