岸信夫防衛相と中山泰秀防衛副大臣は25日の参院外交防衛委員会で、中山氏が20日の委員会に遅刻した問題をそれぞれ謝罪した。岸氏は「国会は国権の最高機関であり、質疑に遅れることは決してあってはならない。一層緊張感を持って臨む」と強調。中山氏も「初心に戻り、日程管理に万全を期す」と述べた。

 立憲民主党の小西洋之氏は、中山氏がイスラエルとパレスチナのイスラム組織ハマスとの戦闘で「私たちの心はイスラエルと共にある」としたツイートに関し「防衛省や自衛隊がイスラエルの武力を肯定したと誤解を受ける」と批判した。岸氏は「暴力行為は行うべきではないという趣旨だ」と擁護した。