政府は25日、東京五輪・パラリンピックで、米製薬大手ファイザー社から新型コロナウイルスワクチン約2万人分が、日本選手団に加えて通訳や審判員ら大会関係者にも無償提供されると発表した。丸川珠代五輪相が閣議後記者会見で「審判やその他、各国選手に頻繁に接触するスタッフについても接種を行えるよう調整を行う」と述べた。

 日本選手団に必要なワクチンは、五輪・パラを合わせて約2500人分と見込まれている。

 丸川氏は海外選手らと一定程度の接触がある大会関係者を念頭に「ボランティアでも誘導や通訳に当たる方だけを想定している」と言及した。