熊本市南区の住宅で24日、ひものようなもので両手足を縛られ死亡していた住人の元町議中村尊徳さん(74)の死因が窒息だったことが25日、熊本県警の司法解剖で分かった。遺体の状況や、自殺の可能性が考えづらいことなどから県警は殺人事件と断定。周辺の聞き込みなどを進めている。

 県警によると、中村さんは60代の妻と2人暮らし。23日午後9時ごろ妻と会話した後、別々の部屋で就寝した。24日午前6時15分ごろ、妻が寝室で遺体を発見し、親族の男性が110番した。

 現場から約5キロ離れた宇土市で、中村さんの軽トラックが鍵がついたまま、無施錠の状態で見つかっている。