自民党は25日の政調審議会で、与野党の実務者協議で合意したLGBTなど性的少数者への理解増進を図る法案について協議した。この日は了承の手続きは取らなかった。24日の特命委員会などの会合で了承したが、保守派は反対している。国会提出に向け、週内に予定する次回の政審や総務会で了承を得られるかどうかが焦点となる。

 二階俊博幹事長は記者会見で「納得のいく結論が出るよう、大いに議論を深めていただきたい」と述べた。

 24日の党性的指向・性自認に関する特命委員会などの会合では賛否が割れ、約3時間半にわたり議論が紛糾。国会での法案審議を尽くすといった条件付きで了承された。