25日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=108円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比02銭円安ドル高の1ドル=108円78~79銭。ユーロは30銭円安ユーロ高の1ユーロ=132円95~99銭。

 国内輸入企業による実需の円売りドル買い注文が先行した。日経平均株価が続伸して始まったことで、比較的安全な通貨とされる円が売られた。

 市場からは「米国が日本への渡航警戒レベルを引き上げたことによる為替相場への影響は今のところ限定的だが、動向を注視する必要がある」(外為ブローカー)との声が上がった。