【ブリュッセル共同】ベラルーシのルカシェンコ政権が領空飛行中のアイルランド旅客機を強制着陸させ、反政権派ジャーナリストを拘束した問題を受け、欧州連合(EU)は24日の非公式首脳会議で、ベラルーシ国営航空などのEU上空通過や着陸禁止の制裁導入を決めた。閣僚理事会の手続きを経て発動する。他の経済制裁の準備も急ぐ。

 また、EU各国の航空各社にベラルーシ上空を飛ばないよう要請した。既にドイツのルフトハンザ航空やKLMオランダ航空は飛行見合わせを決めた。ベラルーシは領空通過料を失い、経済的損失を被る。

 アイルランドはEU加盟国。