川崎重工業や岩谷産業などでつくる企業連合は24日、世界初の液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」を神戸市で報道陣に公開した。船体はほぼ完成し、オーストラリアで製造した水素を日本へ輸送する実証実験に今秋以降、活用する。水素は脱炭素化の切り札となる次世代エネルギーとして期待されており、同船は供給網構築の一翼を担う。

 運搬船は全長116メートル、総トン数は約8千トン。現地で製造した水素を零下253度まで冷やし、液化して日本へ海上輸送する。真空構造で断熱性を高めたタンクを搭載し、75トンの液化水素を運べる。2030年の商用化を目指している。