菅義偉首相は24日、新型コロナウイルスのワクチン接種で不足している「打ち手」について、救急救命士や臨床検査技師を活用することを念頭に「数万人を確保したい。打ち手不足のところに派遣できるよう全力を挙げて取り組みたい」と表明した。自衛隊が運営する大規模接種センター東京会場(東京・大手町)を視察後、記者団の質問に答えた。打ち手不足を改善し、首相が掲げる7月末までの高齢者接種完了を実現したい考えだ。

 これに関し厚生労働省は救急救命士、臨床検査技師、薬剤師を打ち手とするかどうかを議論する有識者検討会を近く設置する方針を固めた。