大阪府が今月末に期限を迎える新型コロナウイルス緊急事態宣言の延長を政府に要請する方針を固めた。府関係者が24日、明らかにした。25日の府対策本部会議で正式決定する。感染者数は減少傾向に転じているが、入院中の重症者数は高水準のままで医療提供体制が依然として厳しいためだ。兵庫県の井戸敏三知事も記者会見で宣言解除に否定的な見解を示した。

 吉村洋文府知事は24日「医療体制は厳しい。それを加味して判断する必要がある」との考えを示した。会議では宣言が延長される場合の措置内容の変更については協議しない方向。府は百貨店など大型商業施設への休業要請を継続している。