【ヤンゴン共同】クーデターを起こしたミャンマー国軍に拘束され、無線機の違法輸入などの疑いで訴追されたアウン・サン・スー・チー氏(75)の審理が24日、首都ネピドーであり、本人が初めて出廷した。スー・チー氏はこれに先立ち、弁護士と直接面会。自身が率い、民主化を進めてきた国民民主連盟(NLD)について「国民がいる限り存在し続ける」とのメッセージを伝えた。担当するミン・ミン・ソー弁護士が明らかにした。

 国営テレビは24日夜、スー・チー氏が出廷した様子を撮影した写真を放映した。2月1日のクーデター後、スー・チー氏の様子が分かる写真が公表されたのは初めて。