2025年以降の国立大入試で課す大学入学共通テストの教科・科目について、国立大学協会が、従来の「5教科7科目」に新教科「情報」を加えた「6教科8科目」を原則とする案を検討していることが24日、大学関係者への取材で分かった。現在の中学3年生からが対象となるが、情報は高校での指導体制が不十分で、協会内には慎重論もある。

 22年度から実施される高校の新学習指導要領に合わせ、テストを運営する大学入試センターが25年以降の出題教科・科目を再編し、新教科として情報を加える方針を今年3月に公表。これを受け協会は今月までに「6教科8科目」案を取りまとめた。