【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナルは23日、中国武漢のウイルス研究所の研究者3人が2019年11月に病院で治療が必要になるほど体調を崩していたことが、未公開の米情報機関の報告書で明らかになったと報じた。時期や通院の詳細が明記されているといい、新型コロナの起源に関する議論が再燃する可能性がある。

 同紙は報告書によって新型コロナが研究所から流出したかどうか「より詳細な調査を求める声を後押しする可能性がある」と指摘した。

 CNNテレビは研究者らが入院したと伝えた。ただ、情報機関は研究者らが実際に何の病気にかかったのか把握できていないという。