【モスクワ、ブリュッセル共同】ベラルーシ当局は23日、ギリシャのアテネからリトアニアのビリニュスに向かいベラルーシ上空を飛行していたアイルランドに本拠を置くライアンエアの旅客機を、ベラルーシの首都ミンスクの空港に強制着陸させ、搭乗していたルカシェンコ政権に批判的なジャーナリストを拘束した。ベラルーシはミグ29戦闘機を発進させ、旅客機着陸まで誘導した。

 ロシアメディアなどが報じた。欧州連合(EU)は、「ハイジャック」(フォンデアライエン欧州委員長)だとしてルカシェンコ政権を非難し、制裁を協議する方針だ。ブリンケン米国務長官も非難の声明を出した。