陸上の関東学生対校選手権最終日は23日、相模原ギオンスタジアムで行われ、男子400メートル障害決勝は黒川和樹(法大)が49秒76で制した。山内大夢(早大)が49秒90で2位と、東京五輪の参加標準記録を突破済みの2人が上位を占めた。

 女子200メートルは石川優(青学大)が4・4メートルの追い風参考となった決勝を23秒55で制し、100メートルとの2冠に輝いた。同3000メートル障害は吉村玲美(大東大)が10分15秒26で優勝。男子3000メートル障害の日本記録を持つ三浦龍司(順大)は5000メートルに出場し13分48秒90で日本勢最高の2位だった。