【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグは22日、各地で最終節が行われ、大迫勇也のブレーメンはホームでボルシアMGに2―4で敗れて17位に後退し、来季は1980~81年シーズン以来の2部となることが決まった。大迫は後半10分からプレーした。

 堂安律と奥川雅也のビーレフェルトは敵地でシュツットガルトを2―0で破り、15位で残留。堂安は1―0の後半27分に今季5点目をマーク、奥川は先制点となるPKを獲得し、ともに後半43分に退いた。

 5位が確定していた鎌田大地と長谷部誠のアイントラハト・フランクフルトはホームでフライブルクを3―1で下した。