大相撲夏場所14日目(22日・両国国技館)単独トップの大関照ノ富士は平幕遠藤に軍配差し違えの末、下手投げで敗れて2敗目を喫した。2日連続で大関撃破の遠藤は、大関同士の対戦で正代を突き落とした貴景勝とともに11勝3敗とし、3敗までの3人に優勝の可能性が残った。正代は6敗目。

 関脇高安は豊昇龍をはたき込み、先場所に続いて10勝に到達。関脇隆の勝は逸ノ城にはたき込まれて10敗目となった。十両は千代ノ皇と宇良が3敗でトップに並んだ。