優れた女性科学者をたたえる「猿橋賞」の今年の受賞者に東京工業大の田中幹子教授(50)を選んだと、主催団体「女性科学者に明るい未来をの会」が22日、発表した。人など脊椎動物の手足の発生に関する研究で成果を上げた。

 人の手足は古代魚のひれから進化したと考えられている。田中さんは、古代魚に近い特徴を持つサメを利用し、ひれが人の手の形に近づく過程の一端を解明。進化を引き起こした遺伝子の変化を特定するなどした。

 同日開かれたオンラインの記者会見で「憧れていた賞なので光栄。身が引き締まる思いで、今後も真理の探究に向けて頑張りたい」と話した。