風刺とナンセンスを効かせた作品で人気を集めた漫画家の富永一朗(とみなが・いちろう)さんが5日、老衰のため死去した。96歳。京都市出身。葬儀は近親者で行った。喪主は弟浩(こう)さん。

 大分県佐伯市で少年時代を過ごし、漫画家を目指して上京。「チンコロ姐ちゃん」をはじめ、お色気のある庶民的な大人向け漫画でヒット作を生んだ。テレビのバラエティー番組「お笑いマンガ道場」にも出演、明るいキャラクターで親しまれた。

 86年に日本漫画家協会賞大賞。