【ローマ共同】新型コロナのパンデミックを受け、多国間協力を促進するため開かれた「世界保健サミット」は21日、危機への対処指針をまとめた「ローマ宣言」を採択して閉幕した。国際的なワクチン供給網強化の必要性を訴え、途上国を含めた公平な接種実現を図ることを確認した。

 20カ国・地域(G20)の議長国イタリアと欧州連合(EU)欧州委員会が共催しオンラインで開催。各国首脳らが支援を打ち出した。

 フォンデアライエン欧州委員長は今年中に「欧州は少なくともワクチン1億回分を低中所得国に寄付する」と表明。このうち3千万回分ずつをフランスとドイツが負担するという。