【パリ共同】フランスのマラシネアヌ・スポーツ担当相は21日、マクロン大統領が7月23日の東京五輪の開会式に出席すると明らかにした。公共ラジオの番組でインタビューに答えた。フランスは東京の次の2024年パリ五輪・パラリンピックの開催国。

 マラシネアヌ氏は「パリへ継がなければならない」とし、自身とブランケール国民教育・スポーツ相が時期を分けて東京を訪れると述べた。

 新型コロナウイルスの流行で日本国民は五輪開催に強い懸念を抱いているが、それでも開催されるかとの質問に、マラシネアヌ氏は「参加選手のワクチン接種は進んでおり、良い方向へ向かっていると思う」とした。