新型コロナウイルス感染拡大で存続の危機にある東京都内5カ所の演芸場を支援するクラウドファンディング(CF)に21日、開始からわずか4日目で当初目標の5千万円を超す寄付が集まった。寄付の受け付けは予定していた6月30日午後11時まで続ける。

 CFは落語協会と落語芸術協会が18日にスタートさせ、21日午後、延べ3500人以上の寄付で当初の目標を達成した。

 両協会は、集まった寄付金を鈴本演芸場、新宿末広亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場、お江戸上野広小路亭に分配する。

 CFのタイトルは「寄席の危機に想いを寄せて」。