酒類総合研究所(広島県東広島市)は21日、2020酒造年度(20年7月~21年6月)に製造された日本酒の出来栄えを審査する全国新酒鑑評会で、特に優れていると評価した金賞酒207点を公表した。都道府県別で金賞酒が最も多かったのは、共に17点が選ばれた福島県と長野県。新型コロナ禍で金賞選定が見送られた昨年を除き、福島県は8年連続日本一。

 東京電力福島第1原発事故の風評被害を受ける福島県は酒どころとしての名声を高め、県産品全般のイメージ向上につなげたい考え。内堀雅雄知事は県庁で記念パネルを除幕し「蔵元のみなさんは復興のトップランナーだ」と力を込めた。