ゴルフパートナー・プロアマ第2日(21日・茨城県取手国際GC=東コース6804ヤード、西コース6531ヤード、パー70)通算1勝の大槻智春が首位タイから7バーディー、1ボギーの64と伸ばし通算16アンダーの124で単独首位に立った。1985年以降の男子ツアーで予選ラウンドの最少ストローク。

 ショーン・ノリス(南アフリカ)が68で4打差の2位。石川遼が25位から8バーディー、1ボギーの63で通算11アンダーに伸ばし、65だった内藤寛太郎、66の亀代順哉と3位に並んだ。4アンダーまでの69選手が決勝ラウンドに進んだ。