東海道新幹線の男性運転士が走行中、トイレに行くため運転室を一時離れた問題で、JR東海の金子慎社長が21日、国土交通省を訪れ、赤羽一嘉国交相に「あってはならないことで申し訳なく思う」と陳謝した。赤羽氏は「ルールが守られなかった現象をどう捉えるかが大事だ」と苦言を呈した。

 面談終了後、金子氏は「しっかりと信頼いただけるよう安全について取り組んでいきたい」と述べた。

 JR東海によると、東京発新大阪行きひかり633号で16日午前、腹痛を感じた運転士が熱海―三島間を走行中、運転室を約3分間離れた。車掌を呼んでいたが、運転資格がなかったため補助席に座っていた。