東京都の小池百合子知事は21日、日本歯科医師会の堀憲郎会長や東京都歯科医師会幹部と会談し、新型コロナウイルスのワクチン接種を加速するための担い手として歯科医師の協力を要請し、堀会長は応じる考えを示した。

 小池氏は会談で「命を守る観点からスキルを有効に生かしてほしい」と述べ、政府が7月末までの完了を目標としている高齢者への接種や、都が独自に検討している大規模接種会場での協力を求めた。

 政府は歯科医師による接種を認める方針を示しており、各地で歯科医師会に協力を求める動きが出ている。