厚生労働省は21日、米モデルナ製と英アストラゼネカ製の新型コロナワクチンを正式に特例承認した。午前にはワクチンの使い方を議論する専門分科会を開き、アストラゼネカ製を当面、無料で打てる公費接種の対象外とし、使わない方針を決めた。海外でまれに接種後に血栓が生じる例が報告されていることが理由。モデルナ製は公費接種となり、承認対象となる18歳以上に原則として接種の「努力義務」を課す。

 アストラゼネカ製については引き続き、接種を勧める年齢層などを議論する。ワクチンは政府が全て買い上げているため、正式承認された後も出回らず、結論が出るまで一般の人は接種できない。