【ワシントン共同】バイデン米大統領は20日、ホワイトハウスで、議会を通過したアジア系住民への憎悪犯罪(ヘイトクライム)対策法案に署名し、同法が成立した。新型コロナウイルス流行に伴いアジア系への暴力や差別が増加し、アジア系議員が中心となって法案をまとめた。バイデン氏は演説で「憎悪や偏見をなくすために力を尽くす」と表明した。

 成立したのは「新型コロナウイルス・ヘイトクライム法」。司法省に対して憎悪犯罪を迅速に調べるとともに、州や市などの警察が憎悪犯罪をオンラインで報告する仕組みをつくるための指針を示すよう求めている。