バスケットボール女子の東京五輪日本代表候補選手が20日、オンライン取材に応じ、前回リオ五輪代表の長岡萌映子(トヨタ自動車)は「東京大会はすごく特別。リオでは若手だったが、今回は自分としてもチャンス。全力で頑張りたい」と意気込んだ。

 代表候補は東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿中。肩のけがから復帰したばかりという林咲希(ENEOS)は「シューターとして監督から買われていて、それを表現できている」と武器の3点シュートに自信を見せる。「若い選手も来ているが、絶対に負けない気持ちで練習している」と最終メンバー入りへの強い思いを口にした。