【ロンドン共同】来年の北京冬季五輪出場枠が懸かるカーリングの混合ダブルス世界選手権第4日は20日、英国のアバディーンで行われ、1次リーグB組で吉田夕梨花(ロコ・ソラーレ)松村雄太(コンサドーレ)組の日本はスウェーデンに5―11で敗れ、3勝3敗となった。

 ここまで全勝の相手に第1エンドで3点スチールを許すなど、厳しい展開を強いられ、なかなか好機をつくれなかった。