日本水泳連盟は20日、男子高飛び込みで東京五輪代表に決まった近畿大3年の西田玲雄の五輪参加資格を、国際水泳連盟が現段階では認めていないと発表した。日本水連は西田の扱いが「保留」との認識を示した。

 国際水連は、6日まで東京で行われたW杯の上位18人の国・地域に五輪出場枠を与えると定めていた。西田は17位に入り代表に決まったが、17日に国際水連から「上位12人に資格付与」との連絡が入った。

 関係者によると、IOCから認められた五輪の総出場人数を上回る恐れが出ている。W杯は、新型コロナの影響で、強豪の欠場が相次いだため、新たに枠を獲得した選手が多くなった。