20日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=109円近辺で取引された。

 午後5時現在は前日比10銭円高ドル安の1ドル=108円97~98銭。ユーロは33銭円高ユーロ安の1ユーロ=132円96銭~133円00銭。

 4月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で大規模緩和の縮小を視野に入れた発言が複数あったことが判明し、前日の米長期金利が上昇。朝方は日米の金利差拡大を見込んだドル買い円売りが先行した。その後は米長期金利の上昇が一服したことを受け、円買いドル売りの動きも出た。